【ポータブル電源】容量700Wh前後のおすすめは?比較表とランキングでチェック!

ポータブル電源

容量700Wh前後のポータブル電源で、何を買おうか迷っているあなた。

有名メーカーのポータブル電源の比較表とランキングを作ってみたので、参考にしてみて下さい。

今回は、容量700Wh前後のポータブル電源でおすすめの、Jackeryジャクリポータブル電源 708PowerArQ パワーアークS7EcoFlowエコフロー RIVERリバー 2 ProBLUETTIブルーティ EB70SAnkerアンカー Solixソリックス C800を比較しています。

比較表

名称Jackery
ポータブル電源 708
PowerArQ
S7
EcoFlow
RIVER 2 Pro
BLUETTI
EB70S
Anker
Solix C800
画像
価格¥84,500
公式サイト
¥79,200
(公式サイト)
¥88,000
(公式サイト)
¥69,800
(公式サイト)
¥99,990
公式サイト
容量708Wh716Wh768Wh716Wh768Wh 
定格出力500W700W800W800W1200W 
充電時間コンセント:約5時間
シガーソケット:約13時間
ソーラーパネル:100Wで約11時間
コンセント:約3~4時間
シガーソケット
12V:約8~8.5時間
24V:約4~5時間
ソーラーパネル:140Wで約6時間
コンセント:約1時間10分
シガーソケット:不明(公式サイト未記載)
ソーラーパネル:220Wで約4時間
コンセント:約4-5時間
シガーソケット
12V:7-8時間
24V:約4-5時間
ソーラーパネル:200Wで約4-5時間
コンセント:約58分(超急速充電モード)
シガーソケット
:約7.2時間
ソーラーパネル:625 Solar Panel (100W)で約9時間
出力ポートAC:2
シガーソケット:1
USB-A:1
UCB-A(急速充電):1
USB-C:1
計:6ポート
AC:5
DC(5.2㎜):2
シガーソケット:1
USB-A:2(片側利用で急速充電)
USB-C:2
ワイヤレス:1
計:13ポート
AC:4
DC:2
シガーソケット:1
USB-A:3
USB-C:1
計:11ポート
AC:4
DC:2
シガーソケット:1
USB-A:2
USB-C:2
ワイヤレス:1
計:12ポート
AC:5
シガーソケット:1
USB-A:2
USB-C:2
計:10ポート
AC出力周波数60Hz50Hz/60Hz50Hz/60Hz50Hz/60Hz50Hz/60Hz
出力波形純正弦波純正弦波純正弦波純正弦波純正弦波
バッテリー三元系リチウムイオン
約500サイクル
リン酸鉄リチウムイオン
約3,000サイクル
リン酸鉄リチウムイオン
約3,000サイクル
リン酸鉄リチウムイオン
約2,500サイクル
リン酸鉄リチウムイオン
約3,000サイクル
サイズ29.97×19.15×19.05㎝
≒10,933㎤
31.4×21.2×23㎝
≒15,311㎤
26.9×25.9×22.6㎝
≒15,746㎤
32×21.6×22㎝
≒15,206㎤
約37.1×25×20.5㎝
≒19,014㎤
重量約6.8kg約9.5Kg約7.8Kg約9.7Kg約10.5kg
動作温度-10~40℃-20~45℃-10~45℃-20~40℃ -20~40℃
保証3年
公式サイトからの購入日から2年+自動延長1年)
5年
(公式オンラインストアからの購入で3年、製品保証登録で+2年)
5年2年
購入後30日以内に公式サイト内の価格が下がった場合差額の返金保証あり
5年(公式サイト会員登録で1年半が5年に自動延長)
その他・防災製品等推奨品認証
・PSE・UN38.3(国連特別輸送試験)認証取得
・BMS搭載
・LEDライト付き
・PSE検査合格
・BMS搭載
・TUV・防災製品等推奨品・PSE・FCC・RoHS・TELEC認証取得
・BMS搭載
・X-Boostで最大1,000Wの家電に対応
・EPS機能搭載
・スマホから遠隔操作可
・LEDライト搭載BMS搭載
・パススルー充電対応
・エコモードで自動的に電源オフ
・パススルー充電対応
・アプリでの遠隔操作可
・LEDライト搭載
・100%満充電で保管可能
・BMS搭載
・UPS機能搭載
※各公式サイト及び、取扱説明書からの情報です。

レーダーチャート

総合ランキング

※総合ランキングは、各項目の1位を6点、2位を5点、3位を4点、4位を3点、5位を2点、6位を1点として採点しています。

1位:PowerArQ S7 (48点)

堂々の第1位は PowerArQ S7

安いのに、性能もけっこう良い(4位以下の項目が1つもありませんでした)!

LEDライトが付いているので、停電時にも役に立つし、キャンプ等に行くときは荷物が1つ減らせますね。

見た目がオシャレなところも魅力的です。

PowerArQ S7は以下のボタンから各サイトで購入できます。(公式サイトからの購入がおすすめ)

2位:EcoFlow RIVER 2 Pro (46点)

2位は、EcoFlowのRIVER 2 Pro !

価格は高めですが、容量が1番多くて定格出力も2番目に高いです。

充電時間も速く、コンセントでたった約1時間10分。

EcoFlowのポータブル電源は、他の容量でも性能がいいんですよね。

ただ、やっぱり値段が高いのは気になるところ…

しかし、解決策はあります。

それは、こまめに公式サイトをチェックして、セールをやっていないか確認することです。

セール時は数万円ほど値引きされることもあるので、ここで紹介しいている他のポータブル電源より安く買えたりします。

RIVER 2 Proは以下のボタンから各サイトで購入できます。(公式サイトからの購入がおすすめ)

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥82,800 (2024/06/22 04:17:12時点 Amazon調べ-詳細)

3位:Anker Solix C800(44点)

3位はAnkerアンカーSolixソリックス C800

価格が1番高いのですが、そのぶん容量が1番多く、定格出力がなんと1,200Wもあります。

1,200Wあったらドライヤーだって使えますよ。

しかも、超急速充電モードで充電すると、約58分で充電が完了します。1時間切ってます。

サイズがちょっと大きいし重たいのですが、性能だけでみるとトップクラスですね。

AnkerアンカーSolixソリックス C800は以下のボタンから各サイトで購入できます。(公式サイトからの購入がおすすめ)

created by Rinker
Anker
¥99,990 (2024/06/22 03:03:47時点 Amazon調べ-詳細)

4位:BLUETTI EB70S(47点)

4位はBLUETTIのEB70S

価格が1番安いのに、容量も定格出力も十分にあります。

充電時間がちょっと遅いのと、保証期間が短めですが、それが気にならない場合はお得感があります。

BLUETTIブルーティ EB70Sは以下のボタンから各サイトで購入できます。(公式サイトからの購入がおすすめ)

5位:Jackeryポータブル電源 708(27点)

5位はJackeryポータブル電源708。

「定格出力が小さい」「出力ポート数が少ない」「AC出力周波数が60Wのみ」「バッテリーのサイクル数が少ない」といったところが減点の対象となってしまいました。

ただ、サイズが小さく重量もすごく軽いので「持ち運びの利便性を重視する」かつ「「西日本で買った消費電力の小さい家電を使う」「同時にいくつもの家電を使わない」「そんなにしょっちゅう使わない」場合はこれで大丈夫です。

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥84,500 (2024/06/22 11:09:05時点 Amazon調べ-詳細)

各項目の見方とランキング

比較表の項目ごとに、どの製品が優れているのかをランキングにしています。

各項目の意味を更に詳しく知りたい場合は、ポータブル電源の選び方!仕様(スペック)の見方がわかれば失敗しない!という記事をどうぞ。

価格

価格は安い方がいいですが、自分が望む性能を満たしているかも確認しておきましょう。

安さランキング

  • 1位:BLUETTI EB70S(公式サイト¥69,800
  • 2位:PowerArQ S7(公式サイト¥79,200
  • 3位:Jackeryポータブル電源 708(公式サイト¥84,500
  • 4位:EcoFlow RIVER2 Pro(公式サイト¥88,000
  • 5位:Anker Solix C800(公式サイト¥99,990

容量

容量は多い方が、たくさん充電できます。

容量ランキング

  • 1位:EcoFlow RIVER2 Pro(768Wh)
  • 1位:Anker Solix C800(768Wh)
  • 3位:PowerArQ S7(716Wh)
  • 3位:BLUETTI EB70S(716Wh)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708( 708Wh)

Wh(ワットアワー)とは…

1時間に消費できる電力のこと。

例えば100Whだと、理論上、消費電力が100Wの製品を1時間使える容量があるということです。

mAh (ミリアンペアアワー) とは…

1時間に流せる電流のこと。

例えば100mAhだと、 理論上、 100mAの電流を1時間流せる容量があるということです。

定格出力(W)

定格出力は、安定して出力できる電力のこと。

「どのくらいの消費電力の製品を使用できるか」という指標になります。

例えば、

定格出力が100wのポータブル電源なら、理論上、使用できる製品は消費電力が100wまでとなります。

※使いたい製品の消費電力を知りたい方はこちらのサイト(オンリースタイルという車中泊のサイト)に、おおよその消費電力が載っています。

定格出力 ランキング

  • 1位:Anker Solix C800(1200W)
  • 2位:EcoFlow RIVER2 Pro(800W)
  • 2位:BLUETTI EB70S(800W)
  • 4位:PowerArQ S7(700W)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708(500W)

充電時間

充電時間は、短い方が早く充電できます。

充電時間ランキング

  • 1位:Anker Solix C800(コンセント:約58分)
  • 2位:EcoFlow RIVER2 Pro(コンセント:約1時間10分)
  • 3位:PowerArQ S7(コンセント:約3~4時間)
  • 4位:BLUETTI EB70S(コンセント:約4-5時間)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708(コンセント:約5時間)

出力ポート

出力ポートはたくさんあった方が、多くの機器を使用できます。

また、出力ポートの数だけでなく、種類の多いものを選ぶと色んな機器に対応できます。

出力ポート ランキング

  • 1位:PowerArQ S7(数13、種類6)
  • 2位:BLUETTI EB70S(数12、種類6)
  • 3位:EcoFlow RIVER2 Pro(数11、種類5)
  • 4位:Anker Solix C800(数10、種類4)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708(数6、種類5)

AC出力周波数

SHARP HPより

日本の電源周波数は、東側は50Hz、西側は60Hzとなっています。

なので、その地域で買った電化製品は、この周波数にしか対応していないものもあります。

(詳しく知りたい方は、 SHARPのHP を見るとわかりやすいです。)

ポータブル電源を選ぶときも、出力周波数が自分の持っている電化製品に合っているか確認しておかないと、「せっかく買ったのに、自分のもっている製品が使用できなかった」ということになるので気をつけましょう。

面倒くさい人は 50/60Hzどちらも対応しているものを選ぶといいです。

AC出力周波数 ランキング

  • 1位:PowerArQ S7(50Hz/60Hz)
  • 1位:EcoFlow RIVER2 Pro(50Hz/60Hz)
  • 1位:BLUETTI EB70S(50Hz/60Hz)
  • 1位:Anker Solix C800(50Hz/60Hz)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708(60Hz)

出力波形

多くの家電製品は正弦波を前提に設計されているため、ポータブル電源の出力波形も純正弦波(正弦波)のものを選ぶことをおすすめします。

矩形波や修正正弦波のものを使用すると、製品が故障する可能性があるので注意しましょう。

今回紹介しているポータブル電源は、どれも純正弦波なので、ここは気にしなくても大丈夫です。

出力波形 ランキング

  • 1位:Jackeryポータブル電源 708(純正弦波)
  • 1位:PowerArQ S7(純正弦波)
  • 1位:EcoFlow RIVER2 Pro(純正弦波)
  • 1位:BLUETTI EB70S(純正弦波)
  • 1位:Anker Solix C800(純正弦波)

バッテリー

ポータブル電源に使用されるバッテリーの多くは、リチウムイオンバッテリーです。

その中でも「NCA系」「マンガン系」「リン酸鉄系」「三元系」「チタン酸系」「リチウムポリマー系」といくつかの種類があります。

今回紹介しているポータブル電源のバッテリーは「リン酸鉄系」の「三元系」のどちらかになりますが、それぞれにメリット・デメリットがあるので種類だけで順位をつけることはしませんでした。

そのかわり、サイクル数(充放電を繰り返すことができる回数)の多い順にランキングにしています。

サイクル数が多い程、長く使用できるということになります。

バッテリー(サイクル数)ランキング

  • 1位:PowerArQ S7(約3,000サイクル)
  • 1位:EcoFlow RIVER2 Pro(約3,000サイクル)
  • 1位:Anker Solix C800(約3,000サイクル)
  • 4位:BLUETTI EB70S(約2,500サイクル)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708(約500サイクル)

サイズ

サイズは小さい方が場所を取らないし、持ち運びも楽で収納しやすいです。

この記事では、高さ・幅・奥行をかけた体積の小さい順にランキングしています。

サイズ(小ささ)ランキング

  • 1位:Jackeryポータブル電源 708(約10,933㎤)
  • 2位:BLUETTI EB70S(約15,206㎤)
  • 3位:PowerArQ S7(約15,311㎤)
  • 4位:EcoFlow RIVER2 Pro(約15,746㎤)
  • 5位:Anker Solix C800(約19,014㎤)

重量

重量は軽い方が、持ち運びが楽です。

重量(軽さ)ランキング

  • 1位:Jackeryポータブル電源 708(約6.8kg)
  • 2位:EcoFlow RIVER2 Pro(約7.8Kg)
  • 3位:PowerArQ S7(約9.5Kg)
  • 4位:BLUETTI EB70S(約9.7Kg)
  • 5位:Anker Solix C800(約10.5kg)

動作温度

動作温度は、ポータブル電源を正常に稼働できる温度のことです。

なので、ポータブル電源を寒い環境下で使いたい場合は動作温度が低いほど良く、暑い環境下で使いたい場合は動作温度が高い方が良いです。

この記事では、動作温度の範囲が広い順にランキングにしています。

動作温度ランキング

  • 1位:PowerArQ S7(-20~45℃)
  • 2位:BLUETTI EB70S(-20~40℃)
  • 2位:Anker Solix C800(-20~40℃)
  • 4位:EcoFlow RIVER2 Pro(-10~45℃)
  • 5位:Jackeryポータブル電源 708(-10~40℃)

保証期間

保証期間は長い方が良いです。

ポータブル電源に不具合が生じたときに、保証があれば安心ですからね。

多くのポータブル電源は、公式ストアから買うことで保証期間を長くできる傾向にあります。

保証期間 ランキング

  • 1位:PowerArQ S7(5年)※公式オンラインストアからの購入で3年、製品保証登録で+2年)
  • 1位:EcoFlow RIVER2 Pro(5年)
  • 1位:Anker Solix C800(5年)※公式サイト会員登録で1年半が5年に自動延長
  • 4位:Jackeryポータブル電源 708(3年)※公式サイトからの購入日から2年+自動延長1年
  • 5位:BLUETTI EB70S(2年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました