容量3600Whのポータブル電源「DELTA Pro」と「R4000」の比較。

ポータブル電源

容量3,600Whのポータブル電源を探しているあなた。

EcoFlowエコフローのDELTA ProとALLPOWERSオールパワーズのR4000で、どちらが良いのか迷っていませんか?

今のところ、容量3,600Whのポータブル電源を検索しても、この2つくらいしか出てきませんもんね。

ということで、この記事ではEcoFlowのDELTA ProとALLPOWERSのR4000を比較していきます。

DELTA ProとR4000の比較表

名称EcoFlow
DELTA Pro
ALLPOWERS
R4000
画像
公式サイト↗

公式サイト↗
価格¥440,000¥440,000 円
容量3,600Wh3,600Wh
定格出力3,000W 3,600W
AC出力周波数50Hz/60Hz50Hz/60Hz
出力波形純正弦波純正弦波
出力ポート数ACコンセント20A:4口
ACコンセント30A:1口
DC5521:2口
アンダーソンコネクタ:1口
シガーソケット:1口
USB-A:2口
USB-A(QC):2口
USB-C:2口

計:15口
ACコンセント:4口
シガーソケット(最大120W):1口
RV:1口
USB-A(QC3.0対応):4口
USB-C(PD100W対応):2口

計:12口
動作温度-10~45℃-20~45℃
サイズ約63.5×28.5×41.6㎝
≒75,285㎤
54×49×30㎝
=79,380㎤
重量約45㎏約45㎏
バッテリー寿命:約3,500サイクル
種類:リン酸鉄系
寿命:約3,500サイクル
種類:リン酸鉄系
充電時間コンセント: 約3時間
シガーソケット12V10A: 約24時間※²
ソーラーパネル400W: 約12~24時間
コンセント: 約2時間※¹
シガーソケット12V10A:約24時間※¹
ソーラーパネル400W: 約7時間※¹
保証期間最大5年(2年+保証登録で3年)5年
その他・EPS機能搭載
・BMS搭載
・全国のEVステーションで高速充電が可能
・キャスターと伸縮ハンドル付
・アプリ対応
・216,000Whまで拡張可能
・静穏稼働
・X-Boost™で最大3,750Wの家電を稼働可
・防災製品等推奨品に認定
・PSE、FCC等の安全認証
・UPS機能搭載
・BMS搭載
・キャスターと伸縮ハンドル付
・アプリ対応
・上に45㎏までの荷物を乗せれる
・パススルー充電可
・CE/UL/PSE/UKCA/ROHS/UN38.3/MSDS/TELEC認証
出典:各メーカー公式サイト及び問い合わせ

※¹:ALLPOWERSに問い合わせたところ「”容量÷入力電力×0.8”の計算式で計算してください」とのことだったため、上記の計算式で計算した数値。

※²EcoFlowTechnologyJapanに問い合わせたところ「シガーソケットの充電時間はご案内できかねます」とのことだったため、「※¹」の計算式で計算した数値。

パススルー充電とは?

ポータブル電源本体を充電しながら、本体からその他の電化製品に給電できる機能のこと

BMS(バッテリーマネージメントシステム)とは?

過充電や過放電の防止・温度管理・電池残量の管理・過電流を防ぐ・セル電圧の均等化といった安全制御システムのこと。

UPS(UninterruptiblePowerSupply)とは?

無停電装置。電気機器を予期せぬシャットダウンから防ぐことができ、機器の損傷やデータの消失といった事態を回避することを可能にする。(出典:https://powerbanks.work/about-ups/)

EPS(Emergency Power Supply)とは?

非常電源システム。停電した時に、30ミリ秒以下で電源をコンセントからポータブル電源に切り替えてくれる機能。

UPS、EPSの違い

簡単に言えば、UPSは短期的な電力喪失に対処し、コンピューターシステムなどの機器を保護するのに適している。EPSは建物や施設の非常用電力供給を担当し、長期間のバックアップが必要な非常時に使用される。

PD(パワーデリバリー) とは?

通常の充電器よりも早く、最大100Wまでの受給電が可能となる規格。

QC(クイックチャージ) とは?

スマホ・タブレットを高速で充電できる規格。例えばQC3.0だと、USB充電の約4倍も速くスマホをフル充電できる

「DELTA Pro」と「R4000」の違い

上記の表からわかるようにDELTA ProとR4000で違いのある項目は、定格出力出力ポート数動作温度サイズ充電時間の5つです。

さらに「その他」の項目も、両ポータブル電源を比較する上で大切ですので、以下で表にまとめています。

では、その違いを1つ1つ見ていきましょう。

定格出力

定格出力は、そのW(ワット)数によって使える家電が決まってくるので、けっこう重要なポイントです。(※使いたい家電の消費電力よりポータブル電源の定格出力が低いと、家電がちゃんと稼働しない。)

「DELTA Pro」「R4000」それぞれの定格出力は以下の通り。

DELTA Pro3,000W 
R40003,600W

ということで、

  • DELTA Proで使える家電は消費電力3,000Wまで
  • R4000で使える家電は消費電力3,600Wまで

となります。

定格出力は高いに越したことはないので、R4000の方がおすすめではあります。

しかし、消費電力の大きいIH調理器でさえ、消費電力の目安は3,000W程度なので、一般的な家電を使うだけならDELTA Proでも困ることはありません。

ちなみにエアコンの消費電力の目安は45W~2000W、ドライヤーは600W~1200Wなので、DELTA Proでも、ほとんどの家電が使用できます。

出力ポート数

出力ポート数が多いと、いくつかの家電を同時に使用したり、充電できたりします。

「DELTA Pro」「R4000」それぞれの出力ポートは以下の通り。

DELTA ProACコンセント20A:4口
ACコンセント30A:1口
DC5521:2口
アンダーソンコネクタ:1口
シガーソケット:1口
USB-A:2口
USB-A(QC):2口
USB-C:2口

計:15口 
R4000ACコンセント:4口
シガーソケット(最大120W):1口
RV:1口
USB-A:2口
USB-A(QC):2口
USB-C(PD100W対応):2口

計:12口

出力ポート数も種類も多いので、DELTA Proの方が優れています。

「ポータブル電源で、どんな機器を稼働させたいか」によって、必要な出力ポートは限られてきます。

なので、ただ出力ポートの種類が多いという理由だけでポータブル電源を選ばない方が良いです。

普通の家電を使うだけなら、「ACコンセント」「USB-A」「USB-C」があれば特に問題はないので、「DELTA Pro」「R4000」どちらを選んでも大丈夫です。

強いて言えば、DELTA Proの方がACコンセントの数が1つ多いので、出力ポートでどちらか迷った場合はDELTA Proを選ぶと良いでしょう。

動作温度

動作温度とは、ポータブル電源を正常に作動できる気温のことです。

この動作温度より気温が低い、もしくは高い場合は、ポータブル電源がうまく稼働できない場合があります。

「DELTA Pro」「R4000」それぞれの動作温度は以下の通り。

DELTA Pro-10~45℃ 
R4000-20~45℃

R4000の方が気温の低さに強いです。

気温が-10℃以下の時にアウトドアで活動をしないのであれば、どちらを選んでも大丈夫です。

サイズ

サイズは小さい方が持ち運びが楽ですし、場所もとりません。

「DELTA Pro」「R4000」それぞれのサイズは以下の通り。

DELTA Pro約63.5×28.5×41.6㎝
≒75,285㎤ 
R400054×49×30㎝
=79,380㎤

DELTA Proの方が小さいですね。

ただ、重さはどちらも変わらないし、どちらもキャスターとハンドルが付いているので、持ち運び安さに大差はないです。

なので、持ち運びやすいかどうかよりも「場所をとりたくない」かどうかで判断しましょう。

もし、場所をとりたくないのであれば、DELTA Proの方がおすすめです。

充電時間

充電時間は短い方が、速く充電できます。

「DELTA Pro」「R4000」それぞれの充電時間は以下の通り。

DELTA Proコンセント: 約3時間
R4000コンセント: 約2時間

R4000の方が速く充電できますね。

R4000の充電時間は公式サイトでは公表しておらず、メーカーから指定された計算式で計算した数値です。

同じ計算式でDELTA Proの充電時間を計算すると、R4000と同じように約2時間となります。

なので、ここはあまり気にせず、他の要素を重視して選んだ方が良いでしょう。

その他

全国のEVステーションでの充電拡張
DELTA Proできる216,000Whまで可能
R4000できない不可能

「DELTA Pro」と「R4000」どちらを選べば良いのか

DELTA Proを選んだ方が良い場合

DELTA Proを選んだ方が良いのは

  • 場所をとらないポータブル電源がいい
  • 同時に色んな家電を稼働させたい
  • 今後、容量を拡張するかもしれない
  • 全国のEVステーションで充電できた方がいい

という場合です。

R4000を選んだ方が良い場合

R4000を選んだ方が良いのは

  • 消費電力が3000W~3600Wの家電を使用したい
  • -10~-20℃の環境で使用することがある

という場合です。

「DELTA Pro」と「R4000」を買う方法

DELTA Proを買う

DELTA Proは、以下のボタンから各サイトで購入できます。(公式サイトからの購入がおすすめ)

R4000を買う

R4000は、以下のボタンから各サイトで購入できます。(公式サイトからの購入がおすすめ)

created by Rinker
ALLPOWERS
¥400,000 (2024/04/16 07:38:26時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました